顎関節症・咬合治療

顎関節症の主な症状とは?

主な症状は、次のとおりです。

  • あごが痛む(顎関節痛・咀嚼筋痛)
  • 口が開かない(開口障害)
  • あごを動かすと音がする(顎関節雑音)

顎関節症はどんな状態?

  • あごを動かす筋肉の痛みを主な症状とするもの(咀嚼筋痛障害)
  • 顎関節の痛みを主な症状とするもの(顎関節痛障害)
  • 顎関節の中の関節円板のズレが生じるもの(顎関節円板障害)
  • 顎関節を構成する骨に変化が生じるもの(変形性顎関節症)

顎関節症の原因は?

なぜ口を開けるときに痛いのか?

顎関節周囲に炎症がある場合や 、 筋・筋膜痛が生じている場合があります。

なぜ口が開かなくなるのか?

顎関節内部の関節円板がずれて関節の動きを妨げている場合や、金の痛みのためにあごが動かせない場合があります。痛みのために口を大きく開けないで使わないでいることで顎関節や筋の運動が制限されてしまう事があります。

なぜ口を開けると音がするのか?

顎関節内部の関節円板がずれている時に、あごが動いた際にひっかかって音がすることや、顎関節を構成している骨が変形して、こすれあったような音がすることがあります。人によっては、大きく開けると関節の前の突起を乗り越えることがあり、ガクンと音がすることあります。

顎関節症の治療は?

生活の中での行動や癖の発見

日常生活における行動や癖が症状と関係している場合があるので、ご自身で気をつけることで症状を軽減することができます。
自身で気をつけることで症状を軽減することができます。
例:硬い食品の長時間の咀嚼 、頬杖、猫背など姿勢
仕事中や休息日に上下の歯が接触していることを避ける(歯ぎしり)

薬物療法

消炎鎮痛薬を用います。

理学療法

物理療法

手指による筋肉マッサージ、ホットパックなどによる温罨法、低周波治療による筋肉への電気刺激、鎮痛を目的としたレーザー照射などがあります。

運動療法

筋肉や靭帯などの柔軟性や伸張性を改善するストレッチや、関節へ直接アプローチして顎関節の動きを良くして開口量を増加させる下顎可動化訓練、疲れやすい筋肉を鍛えて耐久性を向上させる 筋肉増強訓練があります。

スプリント治療(マウスピース)

最も一般的に使用され、上顎または下顎の全歯列を覆うもので、睡眠時の歯ぎしりやくいしばり(睡眠時ブラキシズム)時の咀嚼筋の緊張の緩和や、顎関節部への負荷の軽減を目的とします。また、正しい下顎の位置(顎関節の筋肉位)への誘導にも使用します。

このページのトップへ戻る