矯正歯科(子供)

最近では歯並びの悪い、かみ合わせの問題を持つ子どもたちが増えてきました。歯の大きさに比べ、噛む回数が減り顎の発育不全により歯の生えるスペースが足りなくなり、結果として歯がきれいに並ばなくなっています。

不正咬合をもつ子どもたちに見られる特徴として、摂食・咀嚼・嚥下の問題はもちろんですが、いつも口を開いている、姿勢が悪い、いびき、口臭、風邪をひきやすい、鼻アレルギーなどがあります。これらは、全身の健康に大きく関わり、発育に大きな影響を与えています。

子どもたちは、顎顔面の発育不全のままで成長を終え不健康という負荷を抱えることはその後の人生に大きな影響を及ぼすことも十分に考えられることです。

顎顔面矯正治療とは、顎骨と顔面の発育の遅れ(発育不全)を本来あるべき状態に取り戻し、正常な機能・発育へとつなげることを第一の目的として、結果として本来あるべき歯並びにしていこうとする治療です。

矯正治療には

プレオルソ 1期治療 2期治療

プレオルソ…小児(10歳ごろまで)の骨の柔らかい時期に始めることで効果が出やすいマウスピース式の矯正方法です

1期治療…土台となる骨格を正しい状態に整える治療
2期治療…骨格が固まってから行う、歯列を整える治療

があります。

子どもの矯正は主に、1期治療とプレオルソになります。

矯正治療の流れ

矯正相談カウンセリング

気になることや希望を聴かせていただきます。
口腔内を診査し、生活習慣・癖などのチェックをさせていただきます。

矯正検査  ¥15,000(税抜)

歯の型取り・顎の検査・お口の中のレントゲン・頭蓋骨のレントゲン・全身写真・お顔の写真等の検査を行います。

治療計画の説明

検査で得られた結果に基づき、いくつかの治療計画を模型・写真等で説明させていただきます。

プレオルソのみ ¥60,000(税抜) 2個目 ¥30,000(税抜)
1期治療(全ての装置代が含まれます)¥350,000(税抜)

治療開始と定期的検診

基本無料 装置装着の場合 技術料 ¥3,000(税抜)

治療計画に沿い、必要な装置を装着し、1〜3ヶ月毎に通院していただきます。

矯正終了(目安)

12歳臼歯が萌出し、しっかりと噛み合わせが完成したとき。
注)永久歯列になっても改善されない場合は2期治療に移行する場合があります。

矯正で使用する装置

Hyrax
FAN
LLA
TPA
Facial Mask
プレオルソ
ダイレクトボンディングシステム(ブラケットシステム)
FKO

このページのトップへ戻る