妊婦歯科検診

妊婦歯科検診は受診した方がいい?

妊婦さんはホルモンバランスが変化したり、体調を崩してしまったり、つわりがひどくて気持ちが悪かったりと、妊娠前と違って十分な歯磨きができなくなる方が多くいらっしゃいます。

その結果、虫歯になりやすいお口の状態になります。

横浜市のホームページをみると毎年1万人を超える妊婦さんが検診を受けていて、そのうち約半数の人に虫歯があり、約4分の3の人は歯肉に炎症がある、という結果になっています。
(横浜市の妊婦歯科健康診査のページはこちら)

出産すると、育児をする中でママのお口の細菌が赤ちゃんにうつることもありますので、検診を受診することをおススメします。

妊婦歯科検診は何をする?

横浜市内に住民登録のある妊婦さんであれば、妊娠期間中に無料で1回できる検診で、次のような内容を行います。

虫歯や歯周病、歯肉炎のチェック

  • 虫歯あるか?
  • 歯石がついているか?
  • 歯ぐきがはれていないか?

お口の健康指導

  • ママ自身のお口の健康指導
  • 生まれてくる赤ちゃんのための予防指導
  • 哺乳から食育を通してのお口の健康指導

※レントゲン検査は行いません。
※検診の結果、虫歯等治療が必要な場合は別途ご本人負担で治療を実施します。

いつ妊婦歯科検診を受診したらいい?

妊娠安定期であること、もし治療が必要になった場合に影響がないことから、妊娠12週~27週頃までに受診することが推奨されています。

妊婦歯科検診受診の流れ

Step1 電話(045-340-0418)予約フォームから予約

Step2 母子健康手帳の妊婦歯科健診受診券の必要事項を事前に記入

Step3 妊婦歯科検診を受診

Step4 もし虫歯等治療の必要があれば歯科治療

受診時の持ち物

  • 母子健康手帳
  • 妊婦歯科健康診査の受診券
  • 産婦人科の診察券

このページのトップへ戻る